会社に勤めていてその経験を活用して独立してフリーランスになる方がいます。

しかしいざ独立してみると会社勤めではわからなかったや苦労がなかったことに気付かされます。

それは自分で税務の処理をして資金調達を行い、社会保険の手続きをしないとだめであることでこれはフリーランスでひとりで行うとなると非常に煩わしいものです。
このことばかりに時間をさくことになり、本業がおろそかになることもあります。

たとえば日々の会計処理である帳簿の作成も数年前から義務されましたので慣れない場合にはたいへんです。

フリーランス関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

こうした日常のしなければならない作業では本業以外の時間をあまりさきたくないものです。こうしたものはすべてアウトソーシングするべきです。

そのアウトソーシングは、秘書代行や電話代行だけではなく、先にのべた会計処理も同じです。


会計処理のアウトソーシングの費用は高いと考えがちですが、いまでは会計処理もクラウドで自動処理できる時代です。
スマートフォンからお金の費目を入力するだけで自動的に仕分けをしてくれて月次でまとめてくれます。



この費用も月額1000円程度もあるのでフリーランスで潤沢な資金がなくても活用できまし、これに掛かる費用は経費になるので問題ないです。

リクナビNEXT JOURNALに関するお悩み解決にはこちらです。

このようにフリーランスとして仕事に専念して業績をあげていくことが適切でこのようにアウトソーシングの部分をもっていないと結局のところ何のための独立なのかわからないことになります。